0に戻すブロックの使い方

ホワイト先生
ホワイト先生

数値を保存する箱の中の数値を0にします

変数iの数字を増やしていって、100になったら0にもどることを7SEGに表示しよう

変数iの数字を増やしていって、100になったら0にもどることを7SEGに表示しよう

明るさの値が50より小さいなら、変数iを1ずつ増やしていくことを7SEGに表示しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です