【学校・法人向け】体験キットが届いたら行うことについて

スクーミーでは、体験キットを利用することができます。

このページでは、体験キットが届いてからどのように動かすのかを説明します。

スクーミーボードを確認する

これがスクーミーボードです。SchooMyというロゴを正面にした時、左側・右側・上側・下側と指示を出します

書き込み機を確認する

これが書き込み機です。シールが貼ってあります。この書き込み機の使い方は2種類あります。

①スクーミーボードを動かすために使う

②スクーミーボードにプログラミングするために使う

です

スクーミーボードと書き込み機をつなぐ

スクーミーボードの左側に、書き込み機をつなげます。スクーミーに電気を供給するためにつなげます。

向きを確認する

スクーミーボードにも書き込み機にも、正方形の黒いもの(写真上には赤丸をしています)が見えると思います。それが2つ見えるようにつないでいないとエラーになりますので注意してください。

パソコンとつなげる

書き込み機に、USBにつなげられる形状のものが付いていますので、これをパソコンにつないでください。パソコンが手元になければ、スマートフォンのモバイルバッテリーなどこの形状が入り、電気を供給できるものにつなげてください。この場合、通信をするわけではないので、パソコンのセキュリティの設定をしていても問題ありません。

赤く光ることを確認する

電気が供給されると、書き込み機が赤く光ります。(点灯・点滅のどちらかでも問題ありません)これで、スクーミーボードを動かす準備ができました。

コネクターを確認する

写真の左側をLEDと呼びます。写真の右側を明るさセンサーと呼びます。
明るさセンサーに関しては、同封されている水色のA4冊子「コネクターブック」をご覧ください。

LEDは、それぞれ色が違いますので、同じような形状のものを探してください。

コネクターの向きを確認する

コネクターにも向きがあります。銀色の部分の中央に小さい丸、もしくはシールが貼ってある場合、こちらが裏になります。

スクーミーボードにコネクターを繋げます

左上に明るさセンサー、右下にLEDをつないでください。小さい穴(光ります)やシールの面は見えない向きが正しいです。

明るさセンサーを暗くして、LEDが光る

明るさセンサーの部分を暗くして、LEDがついたら成功です。

ホワイト先生
ホワイト先生

まずはここまでが最初に行ってもらいたい流れです。

この段階でLEDが点かなかった場合は以下のことが考えられます。

・スクーミーボードに電気が入っていない

この場合は、書き込み機が光っているかを確認してください、光っている場合は電気が通っている証拠ですので、問題ありません。

・スクーミーボードにコネクターがつながっていない

この場合は、コネクターをもう一度取り外し、再度、左上に明るさセンサー、右下にLEDを繋げてみてください。

・暗さが十分でない

一定の暗さにならないと光らないプログラムが入っています。そのため、今よりも暗い状況を作り出すことで光る可能性があります。

ホワイト先生
ホワイト先生

何もしなくてもLEDが光ってしまう場合は以下のことが考えられます。

・明るさセンサーがついていない

左上についている明るさセンサーを再度取り付けてください。

・部屋が暗い

一定の暗さにならないと光らないプログラムが入っています。そのため、今の部屋の明るさが、設定している暗さになっているくらい暗い場合は何もしなくても光ってしまいます。

ホワイト先生
ホワイト先生

以上が、『暗くした時にLEDがつく』という動き以外の動きをしたときの対処方法です。

試してみて、できなかった場合は初期不良の場合も考えられますので、お問い合わせください。

以上の動きができたら次のステップに進むことができます。

下の記事をクリックして進んでください。

【学校・法人向け】体験キットが届いたら行うことについて2 【学校・法人向け】体験キットが届いたら行うことについて2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です