計算ブロックの使い方

ホワイト先生
ホワイト先生

計算するときに使います。%はわり算のあまりを表します。

10÷3の余りを7SEGに表示しよう

変数iを1秒ごとに1つずつ増やしていき、その値を7SEGに表示して、その値が奇数なのか偶数なのかをパソコンに表示しよう

タッチセンサーが1ならLEDが光るようにし、1度はなしてもLEDが光ったままで、もう1度タッチセンサーが1になったらLEDが消えるようにしよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です