ペンたてセンサーを作ろう

ホワイト先生
ホワイト先生

作ったセンサーをパワーアップさせるには、スクーミーボードの設定を変える必要があります。設定を変えるためには、パソコンでプログラミングをしてプログラムを作り、そのプログラムをスクーミーボードに書きこむ(アップロードする)ことでできます。

クラスイメージ

クラスイメージ

このクラスでは、センサーを使ってそうじを便利にすることを考えます。その中で、ペンたてにセンサーをつけ新しいものを作ることを行います。

クラスフロー

スクーミーボードを使うための準備をします

明るさコネクターとLEDを用意してセンサーの動きを確認します

動画を見ながら光るペンたてセンサーを作ります

作ったセンサーを使ってみます

光るだけではなく、スクーミーボードでは音がなる・表示する・モーターを回すなど色々な動きをさせることができるコネクターがたくさんあります。また、光らせるのも、ピカピカ光らせるや早い点滅にするなどの動きにすることもできます。どのような動きにしたらいいかを考えましょう。この部分が変わらない時もあります。

最後に、なぜ、その動きにしたいのかを考えましょう

パワーアップさせる時には、なぜそのパワーアップが必要なのかも考えます。こっちのが面白そうだからとかでももちろん大丈夫です。ここの部分が課題解決につながりますので、なぜその動きの方がいいのかをしっかり考えるようにしましょう。

プログラミングや作る作業(eDIY)に進みましょう

どんな風にパワーアップさせたいか考えたら、スクーミーボードの設定を変えるためにプログラミングをしましょう。

パワーアップさせたセンサーを発表しましょう

もともとどんなセンサーで、どのようなセンサーにパワーアップさせたのかを発表します。

パワーアップシートを順番に呼んでいけば発表として説明ができます

パワーアップしたセンサーを使ってもらい意見を聞き、さらにパワーアップしていきましょう

作ったものは使ってもらってはじめて完成します。しっかり思い通りに動くのかを確認したり、使ってもらって意見を聞きましょう。その意見を参考にしてさらにパワーアップしていきます。

クラスガイド

STEP1 プログラミングをしてセンサーを作ろう

【プログラミング】

STEP2 パワーアップして作ったセンサーをもっと良くしよう

【プログラミング】

STEP3 シェアしてみんなに使ってもらおう

【発表】

STEP4 課題解決について考えよう

【話し合い】

クラスポイント

パワーアップシートを使う

パワーアップシートを作ってみましょう。

こちらからダウンロードできます

ホワイト先生
ホワイト先生

光るペンたてセンサーを最初に作ったと思います。今回はそのセンサーをパワーアップさせましょう。

ペンたてセンサーがどのようになったら面白いか・便利になるかを考えてみてください

▼パワーアップシートの見本

ホワイト先生
ホワイト先生

このようにパワーアップさせることができます。もともとどのような仕組みのセンサーだったかをまずまとめて、どのようにパワーアップさせたいかを考えてパワーアップシートを作ってみましょう。作ることができたらその動きにスクーミーボードを設定するために、プログラミングをしましょう。

見本で説明をした『ペンを使っている時間をわかるようにするペンたてセンサー』のパワーアップ方法はこちらから見ることができます

ペンを使っている時間が7SEGコネクターに表示されるペン立てセンサーを作ろうペンを使っている時間が7SEGコネクターに表示されるペン立てセンサーを作ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です