土壌水分ブロックを使ったプログラミング

ホワイト先生
ホワイト先生

土壌水分コネクターを使うときに使います

他のブロックとは違い、データの種類というメニューが付いています。

実測値と割合の2つをメニューから選ぶことができます。

実測値:ただただ、値を出すことができます。細かい設定ができます。

割合:%ですので、100より大きい数にはならず、土に対する水分の量を表示します。下のプログラムは全て割合に変更して行っています。

土の中の水分量を測定する

土の中の水分量が7SEGに表示して、水分量が少なくなったら音が鳴る

土の中の水分量によってLEDの光りかたを変える(55%以上 ⇒ 点灯 50~54%⇒ ゆっくり点滅 49%以下 ⇒ はやい点滅)

キャロット
キャロット

このページのHelloNoは、60133 です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です