スクーミーボードの初期モードについて

スクーミーボードが届いたときは、すでにプログラムが入っています。

これを初期モードといいます。

初期モードの状態では、コネクターをつなぐだけで4つの種類のセンサーを作ることができます。

スクーミーボードにプログラミングをすると初期モードが解除されます。

もう一度初期モードに戻したい場合は、以下のプログラムをすべてコピーして、スクーミーボードに書きこんでください。

初期モードのプログラム
#include <TM1637Display.h>

int i = 0;
int _sbeGetLux(int pinNumber, int vol, float res) {
  pinMode(pinNumber, INPUT);
  float cds_ad = analogRead(pinNumber);
  float cds_v = cds_ad * res / vol;
  return 10000 * cds_v / (res - cds_v) / 1000;
}


void _sbeDigitalWrite(int pinNumber, boolean status) {
  pinMode(pinNumber, OUTPUT);
  digitalWrite(pinNumber, status);
}

#define CLK 9
#define DIO 10
TM1637Display numDisplay(CLK, DIO);

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  pinMode(19, INPUT);
  uint8_t data[] = {
    0xff, 0xff, 0xff, 0xff  };
  numDisplay.setBrightness(0x0f);
}

void loop() {
  i = _sbeGetLux(A5, 1024, 5.0);
  if (((i) == (0))) {
    if (((digitalRead(19)) == (1))) {
      _sbeDigitalWrite(10, LOW);
    } 
    else {
      _sbeDigitalWrite(10, HIGH);
    }
  } 
  else {
    Serial.println(i);
    if (digitalRead(5) == 1) {
      delay(300);
      numDisplay.showNumberDecEx(i, 0x0, false);
    }
    if (((i) < (10))) {
      _sbeDigitalWrite(10, HIGH);
      _sbeDigitalWrite(5, LOW);
    } 
    else {
      _sbeDigitalWrite(10, LOW);
      _sbeDigitalWrite(5, HIGH);
    }
  }
}
キャロット
キャロット

このページのHelloNoは、10102 です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です