温度ブロックを使ったプログラミング

ホワイト先生
ホワイト先生

温度コネクターを使うときに使います

温度を7SEGに表示し、さらにパソコンにもグラフで表示する

温度が30度以上になったら音が鳴る

温度の違いによって、鳴らすメロディを変える(今回の場合は、28度以上か、30度以上か)

キャロット
キャロット

このページのHelloNoは、60121 です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。