数の変数名ブロックの使い方

ホワイト先生
ホワイト先生

数値を保存する箱の名前です。変更することができます

変数iと変数kを使い、変数iが50、変数kが100の時、iとkを比べて、kの方が大きいなら、LEDが光るようにしよう

変数iと変数kを使い、変数iが50、変数kが明るさセンサーの値にするとき、iとkを比べて、kの方が大きいなら、LEDが光るようにしよう

変数iを使い、明るさセンサーに1回だけ反応させて、50より小さくなったら、「暗い」とパソコンに表示して、そうでないときは「明るい」とパソコンに表示しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です