Chromebookでスクーミーボードを利用する方法

ホワイト先生
ホワイト先生

Chromebookで設定するには、以下の2つを行う必要があります。

①Linux環境のダウンロード

②スクーミーを動かす環境「SchooMy IDE for Arduino」のダウンロード

※2回ほどのクリックでダウンロードすることができるので操作は簡単ですが、それぞれ2つをダウンロードすることと環境設定(自動更新)を行うのに合計30分ほどかかります。

途中、アイコンがずっとリロード状態になりますが、ここで環境設定をしていますので、PCを閉じたりしないでください。

Linux環境のダウンロード方法

STEP1

  1. Chromebook で右下の時刻を選択します。
  2. 設定  次に [詳細設定次に [デベロッパー] を選択します。
  3. [Linux 開発環境] の横の [オンにする] を選択します。

※上記2、3に関してのイメージはこちら

STEP2

・次へをおして進んでください

・ユーザーネームに関しては何でも大丈夫です。特に変更がなければそのまま設定されたものにしておきます

ディスクサイズは、カスタムをおして6GBに設定します。設定することができたら左下のインストールを押してください。

・このような画面でおそよ10分ほど待ちます

・完了したらこのような画面がPCに表示されます。これでLinux環境のダウンロードは終了です。

スクーミーを動かす環境「SchooMy IDE 」のダウンロード方法

上のボタンからGoogleドライブにアクセスして、ファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルがパソコンに保存されたら、そのダウンロードした後ろがdebとなっているファイルをクリックしてください。※ファイルを開く

開くと、このような画面になり、左下に青いボタンでインストールが表示されたらクリックしてください。

このような画面でインストールが始まります。80%まではすぐいきますが、そこから少し時間がかかる場合があります。ここがパソコンの種類にもよりますが、およそ10分程度です。

インストールが終了したら画面に表示されていたものが消えます。そしたら左下のマルのようなアイコンからChromebookのメニューを開きます。

その中の、SchooMy IDEと書かれたもの(スクーミーの黄色のアイコン)をクリックしてください。

クリックしてからスクーミーIDEの更新を行いますので、ここから10分程度待っていただきます。クリックしてからアプリが立ち上がらなくても少し時間をおいてください。このようにスクーミーの黄色のアイコンの中をクルクル回っている状態が10分程度続きます。この状態ではまだ設定が終わっていませんので、パソコンを閉じないようにしてください。

設定が完了すると、このような画面が表示されます。

この画面から、少し待つと文字を入力できるような画面も表示されます。

このように、文字が打てそうな画面が表示できたら、設定は完了です。

この画面をスクーミーIDEといい、ここでプログラミングをします。

表示されたら、設定を完了させる意味でも、一度パソコンを再起動(ログアウト)して、再度同じような手順で、黄色のアイコンを開いてください。

再起動をかけないと、設定が反映されない場合がありますので必ず再起動(ログアウト)をしてください。

これで設定が完了です。

接続テストについて

ホワイト先生
ホワイト先生

ここからは、スクーミーIDEを使って、スクーミーボードとの接続テストを始めます。この作業は5分程度です。

再起動したら、この画面をもう一度開いてください。

ここでスクーミーボードに書き込み機をさして、パソコンに接続してください。(写真を参考にしてください)

そうすると、PCに表示されるメッセージが出てきますので、『LINUXに接続する』を選んでください。

画面のツールからシリアルポートに文字が表示されていることを確認してください。
確認することができたら、SchooMyBlockEditorをおしてください。

このSchooMyBlockEditorは、スクーミーブロックエディターとよび、プログラミングをサポートするアプリです。

・このような画面が表示されたら準備完了です。

・この画面の上にあるメニューで、アップロードをおしてください

・作ったプログラムを保存するメニューが出てきますが、接続テストですので、キャンセル(cancel)を押してください

このような画面が表示されます。

・そしてこのように『ボードへの書き込みが完了しました』と表示されたらテスト完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です