スクーミーIDEについて

スクーミーボードは、自分の作ったプログラムを入れ、その通りに動かすことができます。
書き込む・アップロードするともいいます。

プログラムを作るためには、スクーミーIDEを使ってプログラミングをする必要があります。

これがスクーミーIDEの画面です。

ここにプログラミングをすることで、思い通りのプログラムを作り、そのプログラムをスクーミーボードに書き込む(アップロードする)ことで、スクーミーボードが色々なセンサーになります。

世の中で使われているセンサーもこのようにプログラミングされていますが、いきなり、プログラミングをすることはとても覚えることがあり大変ですので、プログラミングをサポートする画面があります。

それが、スクーミーブロックエディターです。

ここのスクーミーブロックエディターはあくまでもプログラミングのサポートです。
ここの画面でブロックを組み合わせるように作りたいセンサーの動きをプログラミングします。

ブロックでプログラミングをすることができたら、ブロックエディターの画面でアップロードをおします。これにより、一度、スクーミーIDEにブロックが変換されて文字(この文字をプログラムという)として表示され、その文字がスクーミーボードに書き込まれることで、センサーになります。

ブロックで作ったものを自動で文字に変換してくれる仕組みがスクーミーブロックエディターです

そのため、パソコンの操作をしている際に、スクーミーIDEの画面を閉じてしまったら、再度開いてプログラミングができるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です